プログラミング教育支援コース

2020年度から、小学校におけるプログラミング教育が必修化になりました。
現場の先生は、プログラミングや学習教材の使用方法に関する知識を取り入れたり、授業展開を考たりしなければなりません。
日々忙しい中でこれらの準備をすることはとても大変なことかと存じます。

プログラミング教育支援コースは、こういった先生方の課題について、オンラインでサポートするカリキュラムとなっています。
もちろん、これから先生を目指す方、保護者の皆様にもご受講いただけます。

コース内容 / 受講のメリット

Scratch・Micro:bitの使い方が分かる

プログラミング教育用教材「Scratch 」と「 Micro:bit」を題材としたカリキュラムとなっており、これらの使い方を、テキストの例題を解いていきながら学ぶカリキュラムになっています。
画面の画像を多く取り入れたテキストになっていますので、パソコンに慣れていなくても進めやすい内容になっています。
 

どんな問題を取り上げれば良いかが分かる

テキストの例題では、「三角形の描画プログラム」や「方位磁針プログラム」等、小学校の授業と関連した内容を採用しています。
そのため、テキストの例題をそのまま授業に活かしていただくことが可能です。

自分のペースで進められる

基本的に、テキストに沿ってご自身で進めていただき、分からない部分をご質問いただく受講形式ですので、自分のペースで進めることができます。
また、土日・平日夜間も対応いたしますので、お仕事のご都合に合わせて受講することが可能です。

開校時間

全日午後4:00~午後9時まで対応(※要予約)

受講料金

¥50,000(税別)

標準受講時間

20時間程度

当社実績

開発事業

3735686_m


当社は、設立からソフトウェアの開発を事業の柱として参りました。
豊富な開発実績があり、技術力はもちろんのこと、提案力も駆使して、
高品質な製品やサービスの提供を心掛けています。
株式会社イーテクノロジー

プログラミングスクール運営

img_business_school_nps


当社では、20年以上続くプログラミング教室を運営しております。
どこよりも長い経験から、初心者の方がつまずきやすいポイントや、どのように説明すれば 理解が早まるかなども熟知しています。
日本プログラミングスクール

よくある質問

授業はどんな形式で行いますか?
授業は、個々人がテキストを読み進めつつ、繰り返し課題を解く(プログラムを完成させる)「完全個別指導」の形式です。課題を解いたら(プログラムを完成させたら)、それを講師が拝見し、答え合わせと解説を致します。そして次の課題へ進んでいきます。課題を解くにあたり、わからないこと、気になることは、その場でご納得いただけるまで何回も説明いたします。
授業の日程や開始時期は、あらかじめ決まっているのですか?
ご都合のよい時間帯を自由に指定してご予約いただけます。平日夜間(21時まで)や土日祝日もご受講いただけます。
テキストはどのような物を使っているのですか?
当スクール完全オリジナルのテキストを使っています。
Scratch編とMicro:bit編を用意しており、当コースでは両方とも学習していただきます。
通学の必要はありますか?
本コースは完全オンラインで対応いたしますので、通学の必要はございません。
パソコンとインターネットがあれば受講可能ですので、場所は問いません。
受講料金以外にかかる費用はありますか?
当コースでは、Micro:bitというマイコンボードと周辺機器を使用しますので、こちらはご自身で購入していただく必要がございます。

【micro:bit(マイクロビット)】
https://www.switch-science.com/catalog/5263/
【micro:bit用GROVEシールド】
https://www.switch-science.com/catalog/5434/
【GROVE – 超音波距離センサモジュール】
https://www.switch-science.com/catalog/1383/

料金の支払いはどのように行いますか?
お支払い方法は、銀行振込のみ対応しております。
恐れ入りますが、振込手数料は、お客様負担となります。

お問い合わせ

お申し込み・お問い合わせは下記フォームよりお願いします。
後ほど担当者よりご返信差し上げます。
お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。



弊社の「お問合せに関する個人情報の取扱いについて」に同意いただいた上で送信してください。

お気軽にお問い合わせください。047-411-6888受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

MENU